東京パソコンサポート出張解決隊、東京・五反田からすぐに出張します!品川区、目黒区、港区、渋谷区、大田区なら30分程度で出張!

東京パソコンサポート・出張解決隊
     
 

無線LANセキュリティ強化のおすすめ

無線LANって本当に安全なのでしょうか!?

お客様の大切な情報が狙われています!!

実は無線LANをご使用の場合は、しっかりとセキュリティの設定を行っていないと、お客様の無線LANの電波の不正利用、通信の盗聴、お使いのパソコンへの不正アクセスなどをされてしまします。その結果、恐ろしい程の情報流出が起きるだけでなく、犯罪行為に巻き込まれる恐れもあります。

(1)不正利用

無線LANでは、自分のアクセスポイントを第三者に勝手に利用されてしまう「不正利用」の危険があります。
「不正利用」の危険
現在、最も普及しているとされるIEEE802.11b規格の無線LANの場合、アクセスポイントからの有効通信距離は、最大100m程度とされています。間に壁などの遮へい物があったとしても40〜50mは届くといわれ、この通信可能範囲に入っていれば基本的に誰でもそのアクセスポイントに、ひいてはそこに構築されているネットワークに接続できてしまうことになります。
もしあなたが、このアクセスポイントを利用していたとすると、見ず知らずの他人が同じネットワーク内にいるということを意味します。従来の有線LANならば、ネットワークに接続するためには、ハブやルータに改めてケーブルを挿す必要があり、不正利用の防止はそれほど難しくはありませんでした。しかし、無線LANでは、まったく見えないところからでも、アクセスポイントつまりネットワークへの接続が可能になってしまうのです。
情報流出にくわえ犯罪行為に巻き込まれる恐れも
通信速度の低下などは軽微なほうです。あなたが共有フォルダを設けていたとすると、不正接続して同じネットワーク内にいる第三者からも、そのフォルダ内は丸見えになっています。当然、そこからプライベートな情報などを盗まれる危険性が出てきます。会社で使う文書などを保存してあれば、企業情報の流出といった大事に発展する可能性もあります。 さらに、そのアクセスポイントを経由して何らかの犯罪行為が行われてしまうと、最初に疑いをかけられるのがそのアクセスポイントの所有者、つまり「あなた」になります。プロバイダの接続記録に残る接続元の情報は、そのアクセスポイントのものになるからです。

(2) 盗聴
無線LANでは、通信中のデータが収集され解析されることで、通信内容が知られてしまう「盗聴」の危険があります。
「盗聴」の危険
無線を使ってデータをやり取りする無線LANでは、データが空中を飛び回っていることになります。ケーブルという物理的な媒体で接続されている通常の有線LANと異なり、無線LANでは「傍受」という形でそのデータを捕獲することはそれほど難しくありません。 何の対策もせずに無線LANでデータをやり取りした場合、傍受されたデータは特定のツールを使って簡単に復元することができてしまうのです。
恐ろしい情報流出
集められたデータから容易に元の内容が割り出されると、閲覧したメールやサイトの内容、メンバーエリアに入るためのパスワードなどが、そのまま覗かれてしまうことになります。プライバシー情報、企業情報が筒抜けになっては大変ですね。



弊社はきめこまやかなサービスで、お客様との信頼関係を第一に考えております!

ホーム パソコン出張サポート データ復旧 無線LAN設定 携帯サイト作成 パソコントラブル集 お問い合わせ 会社概要
リンク 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 
PC support パソコンサポート出張料金 パソコンサポート出張エリア
パソコントラブル出張解決隊・BetterLife株式会社  〒141-0031 東京都品川区西五反田2-10-8
TEL:050-3600-7867  Email:

提携パートナー:  東京データ復旧センター 東京パソコン修理センター 静岡データ復旧センター
名古屋データ復旧センター 浜松データ復旧センター 大阪データ復旧センター
copyright (c) BetterLife , Inc. All Rights Reserved.